会社設立代行サービスを行っているのは主に3つ。司法書士事務所行政書士事務所、そして会計事務所です。その違いはどんなところにあるのでしょうか。

最も大きい違いは代行できる内容です。司法書士は登記のプロ。どの事務所にお願いしても、登記申請代行は司法書士が行うので、丸ごと手続を依頼できます。行政書士は書類作成のプロ。自分で申請に行きたい場合や安く代行してほしい場合は、適切な書類作成をナビゲートしてくれる心強い味方です。会計事務所は税理士がいる税務のプロ。直接的な手続自体は代行できず、事務所内の司法書士などと協力して手続を行います。代行費用は司法書士、行政書士、会計事務所の順に安くなります

握手司法書士に依頼したいのは、純粋に会社設立だけを依頼する場合です。司法書士は法務の専門家で特に「会社法」についての深く広い知識をもっています。短時間で手間なく会社設立をしたい場合は司法書士が適しています。行政書士は許認可申請の知識に長けているので、建設業や飲食業など一定の許認可手続を一緒にやってもらいたい場合は依頼も考えてよいでしょう。会計事務所の税理士は、税金や経理についての知識を持っています。税に関する法律は一般の人にとっては縁遠く難しいもの。気がつけば払わなくていい税金を払っていた、なんてことがないようなアドバイスも期待できます。


▼関連記事▼

  1. 株式会社設立の仕方
  2. 開業後もつながろう