開業後もつながろう

3つの設立代行のうち、開業後にも密接なつながりができるのは、会計事務所です。会計事務所は会計記帳や決算書の作成、税務申告など、定期的に依頼すべき事項が発生します。また、会社を設立するといつかはかならずやってくる税務調査の際の強い味方にもなってくれます。資金繰りや資金調達の相談にものってくれ、金融機関の紹介もしてくれます。会社を経営していくとき、とても重要なお金に関する相談に対応できるのは会計事務所の税理士だけです

依頼会計事務所への依頼は、決算書作成のみ、など単独で依頼することもできます。ですが、会社経営上重要な、日々のお金の流れを見える化してもらうためには、会計事務所と顧問契約を結ぶのも効果的な方法の一つ。親しい税理士がいないのであれば、会社設立のときから会計事務所を活用するのもおすすめです。実は、会計事務所の会社設立代行サービスが格安なのは、顧問契約が条件になっている場合が多いからです会社設立にかかる費用や税金についてお金のプロに支援してもらえば、心強いですよね。

それぞれ特徴のある会社設立代行サービス。開業後もつながって、会社経営を支援してくれる人を、この機会に見つけておくことも考えて、依頼先を検討することも必要なのではないでしょうか。


▼関連記事▼

  1. 株式会社設立の仕方
  2. 会社設立代行内容比較

会社設立代行内容比較

会社設立代行サービスを行っているのは主に3つ。司法書士事務所行政書士事務所、そして会計事務所です。その違いはどんなところにあるのでしょうか。

最も大きい違いは代行できる内容です。司法書士は登記のプロ。どの事務所にお願いしても、登記申請代行は司法書士が行うので、丸ごと手続を依頼できます。行政書士は書類作成のプロ。自分で申請に行きたい場合や安く代行してほしい場合は、適切な書類作成をナビゲートしてくれる心強い味方です。会計事務所は税理士がいる税務のプロ。直接的な手続自体は代行できず、事務所内の司法書士などと協力して手続を行います。代行費用は司法書士、行政書士、会計事務所の順に安くなります

握手司法書士に依頼したいのは、純粋に会社設立だけを依頼する場合です。司法書士は法務の専門家で特に「会社法」についての深く広い知識をもっています。短時間で手間なく会社設立をしたい場合は司法書士が適しています。行政書士は許認可申請の知識に長けているので、建設業や飲食業など一定の許認可手続を一緒にやってもらいたい場合は依頼も考えてよいでしょう。会計事務所の税理士は、税金や経理についての知識を持っています。税に関する法律は一般の人にとっては縁遠く難しいもの。気がつけば払わなくていい税金を払っていた、なんてことがないようなアドバイスも期待できます。


▼関連記事▼

  1. 株式会社設立の仕方
  2. 開業後もつながろう

株式会社設立の仕方

起業ブームにのって、多くの会社が設立されています。そのほとんどは株式会社です。日本の会社の種類は株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4つなのですが、万が一の場合の責任の範囲や、社会的な信用、資金の集めやすさなどから株式会社が選ばれているのです。もし、大手企業や行政などから仕事を受注したいなら、株式会社であることが条件になることもあります。

株式会社設立の手続は大きく分けると
1 社名や、資本金や決算月、本社所在地など、設立項目の決定
2 会社の基本的な決まりを記載した定款の作成
3 公証人役場での定款認証
4 登記書類の作成
5 法務局への登記申請
6 都道府県等への開業届出
となります。必要な費用は、定款に貼る収入印紙代4万円(電子定款を作成する場合は不要)、定款の認証手数料5万円、定款の謄本手数料2,000円程度、登録免許税15万円となり、25万円ほどです。

男性これらの手続は、自分で行うこともできます。インターネット上にはさまざまな情報があり、フォームに入力するだけで基本的な事項が入った定款を作成することもできます。一方で、会社設立代行サービスを利用する人も少なくありません。それは、会社設立時は開業資金調達のための事業計画書の作成や、顧客獲得のための営業活動などに時間が必要だから。一般的に株式会社設立手続を自分でやると10日間くらいかかると言われていますが、その時間をとることも難しいのです。

ならば、上手に会社設立代行サービスを活用して、本業に専念できるようにしてみるのも賢い方法なのはないでしょうか。このサイトでは、会社設立代行サービスを利用した株式会社設立の中でも、会社設立後にもつながる会計事務所のサービスを分析します。


▼関連記事▼

  1. 会社設立代行内容比較
  2. 開業後もつながろう