起業ブームにのって、多くの会社が設立されています。そのほとんどは株式会社です。日本の会社の種類は株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4つなのですが、万が一の場合の責任の範囲や、社会的な信用、資金の集めやすさなどから株式会社が選ばれているのです。もし、大手企業や行政などから仕事を受注したいなら、株式会社であることが条件になることもあります。

株式会社設立の手続は大きく分けると
1 社名や、資本金や決算月、本社所在地など、設立項目の決定
2 会社の基本的な決まりを記載した定款の作成
3 公証人役場での定款認証
4 登記書類の作成
5 法務局への登記申請
6 都道府県等への開業届出
となります。必要な費用は、定款に貼る収入印紙代4万円(電子定款を作成する場合は不要)、定款の認証手数料5万円、定款の謄本手数料2,000円程度、登録免許税15万円となり、25万円ほどです。

男性これらの手続は、自分で行うこともできます。インターネット上にはさまざまな情報があり、フォームに入力するだけで基本的な事項が入った定款を作成することもできます。一方で、会社設立代行サービスを利用する人も少なくありません。それは、会社設立時は開業資金調達のための事業計画書の作成や、顧客獲得のための営業活動などに時間が必要だから。一般的に株式会社設立手続を自分でやると10日間くらいかかると言われていますが、その時間をとることも難しいのです。

ならば、上手に会社設立代行サービスを活用して、本業に専念できるようにしてみるのも賢い方法なのはないでしょうか。このサイトでは、会社設立代行サービスを利用した株式会社設立の中でも、会社設立後にもつながる会計事務所のサービスを分析します。


▼関連記事▼

  1. 会社設立代行内容比較
  2. 開業後もつながろう